NEC、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置を出荷


掲載日:2005/10/12


News

 日本電気株式会社は、テープバックアップ装置「iStorage T」シリーズで、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置「iStorage T16A」を、10月17日より出荷する。価格は、248万円となっている。

 「iStorage T16A」は、新テープ規格“LTO3”(LTO Ultrium3)対応のドライブを搭載したテープオートローダー装置。最大16巻のカートリッジテープを収納でき、圧縮時の記憶容量は最大12.8TB、データ転送速度は最大毎時576GBを実現している。上位モデル「iStorage T40A」を踏襲した構造により、ロボット部分のMSBF(Mean Swap Between Failure:故障発生までの平均的なカートリッジ交換回数)は100万回と、信頼性を高めたほか、本体内部への空気取り入れ部にフィルターを備えており、耐塵埃性能にも優れている。

 カートリッジテープを全て着脱可能なマガジンに収納することで、マガジン単位での運用/管理/オフサイト保管(装置からの取り出し保管)を容易に行なうことができるほか、バーコードリーダーを標準装備し、マガジン交換時にカートリッジ情報を容易に管理することができる。また、“LTO3”カートリッジテープのライトワンス(WORM:Write Once Read Many)機能により、バックアップしたデータの改ざんを防止することができる。ライトワンスは、テープに書き込みをした後、テープ上の記録済み部分への再書き込みが不可能となる機能で、記録内容の保証が求められる公文書や病院の電子カルテ、金融関係や税務関係のデータ記録用途に適している。


出荷日・発売日 2005年10月17日 出荷
価格 2,480,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication 【ヴィーム・ソフトウェア】 急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは 【Veeam Software japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance 【EMCジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 DRとして仮想化システムやデータのバックアップを取ったものの、有事の際、本当に正常に再稼働できるのか。「やっているつもり」のDRから脱却する手頃な方法とは。 激増するデータのバックアップ 「早い・安い・便利」な解決策 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 効率的なインフラ構築に役立つ「ハイパーコンバージドインフラ」。しかし導入の際には、データ保護に関して従来とは異なる工夫が必要になる。それは何か。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012159


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ