NEC、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置を出荷


掲載日:2005/10/12


News

 日本電気株式会社は、テープバックアップ装置「iStorage T」シリーズで、高さ2Uのラック型テープオートローダー装置「iStorage T16A」を、10月17日より出荷する。価格は、248万円となっている。

 「iStorage T16A」は、新テープ規格“LTO3”(LTO Ultrium3)対応のドライブを搭載したテープオートローダー装置。最大16巻のカートリッジテープを収納でき、圧縮時の記憶容量は最大12.8TB、データ転送速度は最大毎時576GBを実現している。上位モデル「iStorage T40A」を踏襲した構造により、ロボット部分のMSBF(Mean Swap Between Failure:故障発生までの平均的なカートリッジ交換回数)は100万回と、信頼性を高めたほか、本体内部への空気取り入れ部にフィルターを備えており、耐塵埃性能にも優れている。

 カートリッジテープを全て着脱可能なマガジンに収納することで、マガジン単位での運用/管理/オフサイト保管(装置からの取り出し保管)を容易に行なうことができるほか、バーコードリーダーを標準装備し、マガジン交換時にカートリッジ情報を容易に管理することができる。また、“LTO3”カートリッジテープのライトワンス(WORM:Write Once Read Many)機能により、バックアップしたデータの改ざんを防止することができる。ライトワンスは、テープに書き込みをした後、テープ上の記録済み部分への再書き込みが不可能となる機能で、記録内容の保証が求められる公文書や病院の電子カルテ、金融関係や税務関係のデータ記録用途に適している。


出荷日・発売日 2005年10月17日 出荷
価格 2,480,000円

「NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012159


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ