シマンテック、PSPを標的としたトロイの木馬を特定したと発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、PSPを標的としたトロイの木馬を特定したと発表


掲載日:2005/10/11


News

 株式会社シマンテックは、シマンテックセキュリティレスポンスの専門家が、ソニーのプレイステーションポータブル(PSP)のシステムを標的とする初のトロイの木馬を特定したと、発表した。

 PSPを標的としたトロイの木馬「Tojan PSPBrick」は、危険度1の脅威(5が最大危険度)で、拡散しつつある。PSPのデバイスは保護されているため、ユーザーはソニーが“認可した”ゲームのみを実行できるが、Web上にある利用可能なハックツールにより、ユーザーは自分たちで作成したゲームも実行することもできる。「Trojan PSPBrick」は、こうしたハックツールになりすまし、一度インストールされてしまうと、システムファイルを削除するとともに、マシンを操作不能に陥らせる。シマンテックセキュリティレスポンスの専門家は、引き続きこの脅威を分析し、詳細がわかり次第情報を提供するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト 【パロアルトネットワークス】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012154


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ