EMCジャパン、1PB規模に拡張可能なストレージシステムなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、1PB規模に拡張可能なストレージシステムなどを発売


掲載日:2005/10/11


News

 EMCジャパン株式会社は、1ペタバイト(1024テラバイト)規模まで拡張可能なハイエンド向けストレージシステム「Symmetrix DMX-3」を、発売した。最小構成価格は、1億8300万円からとなっている。

 「Symmetrix DMX-3」は、単一アレイでのハイエンド構成に必要なパフォーマンス/拡張性/信頼性を考慮したストレージシステム。拡張性を備えた“DMXアーキテクチャ”により、ストレージベイ、チャネルダイレクタ、メモリーダイレクタ、ディスクダイレクタを追加することで、現在は最大960台のディスクドライブに対応し、2006年前半には最大1920台への対応が予定されている。

 同製品のアレイは、単一のシステムベイと独立した複数のストレージベイで構成されている。各々のベイは個別に電源供給され、バッテリバックアップも備えている。ストレージベイを追加するか、空いたスペースにディスクドライブを追加することで、システム容量を無停止でアップグレードすることができる。システムがオンラインの際に追加のダイレクタをインストールすることで処理能力を高めることもできる。

 同製品などの「Symmetrix DMX」シリーズは、2006年初めに提供予定の低コストファイバチャネル(LC-FC)ディスクドライブをサポートする。これにより、アレイ内階層型ストレージを使用でき、複数階層のストレージを単一の「Symmetrix DMX」に実装することができる。また同社は、ミッドレンジ向けストレージ「CLARiX」シリーズも機能拡張し、提供を開始した。障害検出/切り分け機能を提供する“UltraPointテクノロジー”、DC電源対応、「CLARiXソフトウェア」のシステム内データ移行/複製技術などの機能が拡張されている。


出荷日・発売日 2005年10月6日 発売
価格 最小構成価格:183,000,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012144


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ