大塚商会、情報システムのセキュリティ強化支援サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、情報システムのセキュリティ強化支援サービスを提供


掲載日:2005/10/06


News

 株式会社大塚商会は、企業の情報システムのセキュリティ強化を支援する「Active Directoryセキュリティ簡易コンサルティングサービス」の提供を、開始した。

 「Active Directoryセキュリティ簡易コンサルティングサービス」では、ユーザー情報やアクセス権、ハード資源の情報などの一元管理を可能とする、Windows Server 2003のディレクトリサービス「Active Directory」を活用してソリューションを構築する。今回、「グループポリシー簡易設計サービス」と「Windows Server Update Services(WSUS)設計・構築支援サービス」の2つが提供される。

 「グループポリシー簡易設計サービス」では、「Active Directory」のクライアントPC管理機能(グループポリシー)を活用するための機能設計を行なう。同サービスにより、クライアントPCの設定をネットワーク管理者側で一括制御することができる。「Windows Server Update Services(WSUS)設計・構築支援サービス」では、WSUSを活用し、クライアントPCやサーバーへのセキュリティパッチ配信を行なうための設計/構築支援を行なう。同サービスにより、各端末のセキュリティパッチの適用状況の確認や配信が可能となっている。価格は、両サービスとも個別見積で60万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? 【東芝クライアントソリューション】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012114


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ