マカフィー、企業向けの包括的セキュリティアプライアンスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、企業向けの包括的セキュリティアプライアンスを出荷


掲載日:2005/10/06


News

 マカフィー株式会社は、Webとメールを守る包括的なセキュリティソリューションを提供するゲートウエイアプライアンス「McAfee SCM(Secure Content Management)アプライアンス」を、10月21日より出荷する。

 「McAfee SCMアプライアンス」は、従来の「WebShieldアプライアンス」の後継製品で、大企業向けの「SWG」(Secure Web Gateway)と「SMG」(Secure Messaging Gateway)、中小企業向けの「SIG」(Secure Internet Gateway)から構成されている。スパイウエアや有害なWebコンテンツ、フィッシング詐欺、スパム、既知のウイルス、ワーム、トロイの木馬に対する包括的な保護により、複数の製品の実装が不要となっている。デスクトップ/ゲートウエイにまたがるアンチウイルス/アンチスパム/アンチフィッシング詐欺/コンテンツフィルタリングの多層的ソリューションを、一元管理コンソール“McAfee ePO”(ePolicy Orchestrator)を通じて集中管理することができる。

 大企業向けの「SWG」は、スパイウェア、フィッシング攻撃、ウイルス、従業員のインターネットの誤用からネットワークを守ることができ、「SMG」は、スパム、フィッシング攻撃、ウイルス、トロイの木馬、ワームをブロックして、メールによる有害コンテンツの送受信を防止することができる。中小企業向けに開発された「SIG」は、Webとメールの包括的な保護を行なう。「SWG」と「SIG」には、Secure Computing社の「SmartFilter」Webフィルタリングアプリケーションを搭載し、待機時間の削減や、ユーザーが使用するインターネット帯域の最大化などが実現されている。また、セキュリティ専門機関「マカフィーAVERT」による支援も行なわれる。


出荷日・発売日 2005年10月21日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 【日本アイ・ビー・エム】 モバイルフィッシングの“誤解”と“事実”――真に有効なセキュリティ対策とは 【ルックアウト・ジャパン】 マルウェア対策に機械学習が効果的な理由。攻撃者をしのぐ技術とは? 【ジュニパーネットワークス】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 モバイルフィッシングの“誤解”と“事実”――真に有効なセキュリティ対策とは マルウェア対策に機械学習が効果的な理由。攻撃者をしのぐ技術とは? AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012102


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ