サン、「UltraSPARC IV+」プロセッサ搭載のサーバー5機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、「UltraSPARC IV+」プロセッサ搭載のサーバー5機種を出荷


掲載日:2005/09/29


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、新開発の「UltraSPARC IV+」プロセッサ(1.5GHz)を搭載した「Sun Fireサーバ・ファミリー」5機種「Sun Fire V490/V890/E2900/E4900/E6900」を、10月より順次出荷する。

 「UltraSPARC IV+」プロセッサは、CMT(チップマルチスレッディング)技術を適用し、1プロセッサあたり2つのスレッド実行ユニット(コア)を実装したほか、従来のプロセッサに比べ、RAS機能の向上や、2MB内部共有2次キャッシュの採用、大容量キャッシュ空間を提供する32MB外部共有3次キャッシュの採用などの改良が施されている。これにより、データベースやERP、アプリケーションサーバーなどの性能の向上が可能となる。

 「UltraSPARC IV+」プロセッサは、従来の「UltraSPARC」プロセッサと完全な互換性を備え、既存のアプリケーションを「UltraSPARC IV+」システム上で動作させるための再コーディング/再コンパイルは不要となっている。また、ミッドレンジ/ハイエンドサーバー製品群の「Sun Fire E」シリーズでは、従来の「UltraSPARC III」/「UltraSPARC IV」プロセッサ搭載のサーバーに対して、「UltraSPARC IV+」プロセッサを追加して同一本体内で混在使用することや、従来のプロセッサを「UltraSPARC IV+」に置き換えるといった構成もサポートされている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「UNIXサーバ」関連の製品

OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件 【レッドハット】
UNIXサーバ
Linux基盤選定:適切なOpenStack開発環境を作るための条件とは

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20012012


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ