インターコム、Windows用ファックスソフトの新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、Windows用ファックスソフトの新版などを発売


掲載日:2005/09/28


News

 株式会社インターコムは、Windows用ファックスソフト「まいと〜くFAX」シリーズの新版「まいと〜くFAX 8 Pro」と、「まいと〜くFAX」シリーズ専用のファックスモデム「ME5614D2 forまいと〜く」を、10月14日より発売する。

 「まいと〜くFAX 8 Pro」は、PCで作成する見積書や注文書を紙に印刷せずに、そのままファックスすることができるソフト。受信したファックスをデータとして保存でき、ディスプレイ上で見ることができる。いつ/誰と/何をファックスしたかの正確な送受信履歴を残すことができるほか、Outlookの連絡先との連携やスケジュール化による自動送信などが可能となっている。また、ファックスモデムに「ME5614D2 forまいと〜く」が提供されることで、PCファックスの導入が容易となっている。

 ナンバーディスプレイに対応し、“自動振り分け”機能や、“迷惑FAX受信拒否”機能、“自動返信”機能、“留守番FAX”機能などを備えている。“自動振り分け”機能は、ファックス発信者の番号を取得し、振り分け用保存フォルダの作成から、振り分け設定、振り分け処理のすべてを自動化することができる。“迷惑FAX受信拒否”機能は、不必要なファックスを送り続ける相手先を特定し、着信時にすぐに回線を切断することで無駄な回線使用を防ぐことができる。“自動返信”機能は、顧客からのファックスに対して、自動的に受領確認ファックスを返信することができる。“留守番FAX”機能は、オフィス不在時に到着したファックスをメール(添付ファイル)や他のファックス機に自動で転送することができる。

 また、ファックスによるDM(ダイレクトメール)の設定から送信までを容易な操作で行なうことができる“DM送信ツール”を搭載しているほか、初めて使用するファックス番号や一定期間使用していなかったファックス番号宛に送信するときに確認メッセージを出すことができる“安全送信確認機能”を備えている。また、送受信ログのエクスポートや通信レポートの表示/印刷などファックスの管理面が強化されているほか、基本操作をビジュアルで分かりやすく案内する“かんたんナビ”機能などを備えている。価格は、「まいと〜く FAX 8 Pro」のパッケージ版が8500円、「ME5614D2 for まいと〜く」が1万5000円などとなっている。


出荷日・発売日 2005年10月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011992


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ