NTT西日本とMS、Webコンテンツの権限を制御するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT西日本とMS、Webコンテンツの権限を制御するサービスを提供


掲載日:2005/09/28


News

 西日本電信電話株式会社とマイクロソフト株式会社は、マイクロソフトの情報保護技術“Windows Rights Management Services”(RMS)を利用し、Webブラウザに表示されるコンテンツの閲覧、保存、印刷、文字のコピー&ペースト、プリントスクリーンなどを制御することで、社内Webシステムで顧客の個人情報などを保護する「Webコンテンツ保護サービス」の提供を、開始した。

 「Webコンテンツ保護サービス」は、組織内のWebシステムで提供されるコンテンツに対して権限を設定することで、Webシステムでの情報漏えい対策を可能とするサービス。既存のWebシステムへのソフトウエアのインストールは不要で、Webシステムとクライアントの間にアクセスコントロールサーバーを設置し、Webブラウザに表示される情報の閲覧、保存、印刷、文字のコピー&ペースト、プリントスクリーンなどの制御を行なう。また、保護基盤にRMSを利用しているため、「Office Professional Edition 2003」を導入することでOffice文書の権限管理も可能となる。

 マイクロソフトが同サービスに必要なソフトウエアの提供を行ない、NTT西日本は導入時のコンサルティング、システム/ネットワークの設計、構築、保守のサポートを行なう。概算価格は、導入の際のコンサルティング、アクセスコントロールサーバーとRMSサーバー(Active Directory導入済を前提)のハードウエア、構築費用と100クライアント分のライセンスを含み、550万円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 概算価格:5,500,000円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

「うちのセキュリティの弱点は?」がタダで分かる2つの方法 【KDDI】 脅威インテリジェンスの活用法、未成熟な運用を補うヒント 【シマンテック】 Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
無料でも充実 IPAの無償ツールで知る自社セキュリティの弱点 脅威インテリジェンスの活用法、未成熟な運用を補うヒント Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011989


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ