クオリティ、フォントのライセンスを管理する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クオリティ、フォントのライセンスを管理する製品を発売


掲載日:2005/09/26


News

 クオリティ株式会社は、IT資産管理の「QND Plus」のオプションとして、フォントソフトウエアのライセンス管理を行なう「BizPack-F」を、発売する。価格はオープン価格で、参考価格は50万円となっている。

 「BizPack-F」は、MacintoshとWindowsで利用されているフォント情報を調べて台帳化するソフトウエア。OSで使われているフォントは全て台帳化することができる。モリサワフォントか否かを判別し、モリサワフォントの場合は、BMP/ATM(アウトライン)フォントの区別や、NewCID(OSX)/OTFフォントのインストールキー情報も台帳表示することができる。また、8月に発売された“モリサワパスポート”のインストールキー情報の取得も可能となっている。なお、「BizPack-F」は、同社が株式会社モリサワと共同で開発した。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格(参考価格:500,000円)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

意外と使いこなせない「インベントリツール」、IT資産管理で有効活用するには? 【ディーアールエス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
意外と知らないインベントリツールの機能 フル活用で得られるメリットとは? EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011968


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ