KDDI、「KDDIインターネット」でセキュリティ付加サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、「KDDIインターネット」でセキュリティ付加サービスを提供


掲載日:2005/09/22


News

 KDDI株式会社は、法人向けインターネット接続サービス「KDDIインターネット」の付加サービスとして、セキュリティ機能や損害補償制度などを備えた「セキュアライン」を、10月1日より提供する。

 「セキュアライン」サービスでは、KDDIのネットワーク側に設置するセキュリティプラットフォームにより、URLフィルタリングやウイルス対策、ファイアウオール、IPS(不正侵入防御)、ワーム検知などのセキュリティ機能を提供する。ユーザー側での個別システムの構築は不要となっている。また、東京海上日動火災保険株式会社と協力し、個人情報漏洩により賠償責任を負った場合の争訟費用やネットワーク中断時の営業継続費用の一部を補償するセキュリティ補償制度も提供する。

 今回提供されるサービスは、「BOXタイプメニュー」と「Non-BOXタイプメニュー」の2種類となっている。「BOXタイプメニュー」は、固定IPアドレスを取得し公開サーバーを運営するなどのインターネット環境をもつユーザー向けに、8つの機能と補償を1つのパッケージとして提供する。「Non-BOXタイプメニュー」は外部のサーバーなどへのアクセスを中心としたユーザー向けに、セキュリティ機能を一部に限定している。価格は、「BOXタイプメニュー」が月額5万7750円、「Non-BOXタイプメニュー」が月額3150円(いずれも税込)となっており、「KDDIインターネット」の利用料などが別途必要となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション 【ファイア・アイ株式会社】 InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite 【アルプス システム インテグレーション】 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】 限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? 限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011950


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ