提携:NTT東西、無線LANサービスの相互ローミングなどを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NTT東西、無線LANサービスの相互ローミングなどを提供


掲載日:2005/09/20


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」の相互ローミングと、複数の無線LAN機器への対応を可能とする機能拡充を、10月26日より提供する。

 今回の提携により、NTT東日本とNTT西日本の「フレッツ・スポット」契約者が両社のエリアにおいて「フレッツ・スポット」を利用できるよう、相互にローミングサービスを提供する。ローミングサービスの利用における追加料金や、すでに「フレッツ・スポット」を契約しているユーザーの新たな申し込み/手続きは不要となっている。また、1契約で2つの無線LAN機器(2 MACアドレス)までの利用が可能となり、従来の月額利用料のみで利用することができる。利用を希望するユーザーは「フレッツ・スポット」を契約しているNTT東日本/NTT西日本に、MACアドレスの登録が必要となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】
無線LAN 無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011924


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ