提携:NTT東西、無線LANサービスの相互ローミングなどを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NTT東西、無線LANサービスの相互ローミングなどを提供


掲載日:2005/09/20


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」の相互ローミングと、複数の無線LAN機器への対応を可能とする機能拡充を、10月26日より提供する。

 今回の提携により、NTT東日本とNTT西日本の「フレッツ・スポット」契約者が両社のエリアにおいて「フレッツ・スポット」を利用できるよう、相互にローミングサービスを提供する。ローミングサービスの利用における追加料金や、すでに「フレッツ・スポット」を契約しているユーザーの新たな申し込み/手続きは不要となっている。また、1契約で2つの無線LAN機器(2 MACアドレス)までの利用が可能となり、従来の月額利用料のみで利用することができる。利用を希望するユーザーは「フレッツ・スポット」を契約しているNTT東日本/NTT西日本に、MACアドレスの登録が必要となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011924


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ