EMCジャパン、NASとCAS間のILMを実現するパッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、NASとCAS間のILMを実現するパッケージを発売


掲載日:2005/09/20


News

 EMCジャパン株式会社は、ポリシーベースのデータ管理とデータ移動を実現するソフトウエア「CenteraFileArchiver」を利用して、NAS(ネットワーク接続型ストレージ)とCAS(コンテンツアドレスストレージ)のストレージ階層間でILM(情報ライフサイクル管理)を実現する「ILMサーバ・ソリューション・パッケージ」(ILMサーバ)を、発売した。最小構成価格は、998万円からとなっている。

 「ILMサーバ」は、1つの本体にEMCのNAS製品「Celerra NS500」とCAS製品「Centera」、「Centera FileArchiver」が含まれており、NASへのユーザーアクセスに影響を与えずに、CASへの物理データの移動が可能となっている。使用頻度の低いデータは、組織の保存/廃棄ポリシーに基づいて、バックグラウンドでCASに保存され、NASから自動的に削除されるが、CASデータにアクセスするためのスタブファイルがNAS上に残る。CASのシングルインスタンス機能により、重複するファイルは保存されない。また、物理データを本番からオフロードするため、ファイルサーバーエンジンを頻繁に追加することなく、本番のパフォーマンスを維持することができる。


出荷日・発売日 2005年9月15日 発売
価格 最小構成価格:9,980,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージ導入でビジネスを成功させる基礎条件 【ネットアップ】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 セキュリティ事故からの復旧力を高める「バックアップ」とは? 【大塚商会 / 日本ヒューレット・パッカード】 IDC調査で見るフラッシュアレイ投資効果 選定基準はどうすべきか 【ネットアップ】
NAS NAS NAS NAS NAS
導入企業の言葉を通して知るオールフラッシュストレージ導入成果 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 ランサムウェアに災害対策、今また注目される「バックアップ」 容量当たり単価で考えない フラッシュストレージを測る真の指標

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011920


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ