日本HP、コンプライアンス強化などの運用管理製品2製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、コンプライアンス強化などの運用管理製品2製品を発売


掲載日:2005/09/16


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、企業の内部統制の整備、監査への対応などコンプライアンス強化を効率化する運用管理製品「HP OpenView Compliance Manager」(OVCM)と、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づくITシステムに対応した運用管理製品「HP OpenView SOA Manager」(OVSOAM)を、9月15日より順次発売する。価格は、「OVCM」が3600万円から、「OVSOAM」が35万4000円からとなっている。

 「OVCM」は、IT全般統制に関わる監査内容を、既存の「OpenView」製品の監視データから自動的に収集/集約し、監査に有効な指標としてのレポートを作成できるほか、統制の不備の存在を示すKCI(重要統制評価指標)と、統制の不備と欠陥に関するリスクの増大を示すKRI(重要リスク評価指標)を、監視対象として予め定義し、システム運用、情報セキュリティ、運用の人的プロセス面など、コンプライアンス実現のためのデータを集約し、監視、リスクの分析を行なうことができる。世界標準“COSO”のフレームワークと米国SOX法に準拠し、同法をもとに策定される日本版SOX法にも対応する予定となっている。

 「OVSOAM」は、ユーザーが利用するビジネスサービスと、SOA化されたWebサービス、それを支えるソフトウエア構成やITリソースの関連を定義し、モデル化を行なう。さらに、SOAリソースの管理機能と、モデル化されたサービスの変更管理が可能となっている。Webサービスを定義するインターフェース言語“WSDL”で記述されたサービスを、データベースに登録し、複数のシステムが連動して提供されるサービスの動的モデルを定義しながら、リソース監視と分析、SLA(サービスレベルアグリーメント)の維持を行なう。J2EE、.NET双方のプラットフォームや、WSDL、WSDM、WS-Security、WS-I Basic Profile、UDDIなどに対応しているほか、他の「HP OpenView」製品(「Select Access」/「Operations」/「Internet Services」)と連携/統合することで、アイデンティティ管理やシステム管理、ITIL準拠の運用といった管理ソリューションが提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 OVCM:36,000,000円〜/OVSOAM:354,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011912


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ