DNP、ICカードを使ったPC用のセキュリティソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、ICカードを使ったPC用のセキュリティソフトを発売


掲載日:2005/09/15


News

 大日本印刷株式会社は、価格を抑えたPC用セキュリティソフト「エンドポイント・セーバー」を、10月末より発売する。

 「エンドポイント・セーバー」は、ICカードを使用してPCからの情報漏えいを防止するセキュリティソフトウエア。第三者によるPCの不正操作を防止するため、PCにエンドポイントセーバーを導入する際に、予め利用者のICカード情報を登録し、電源起動時に、登録されたICカードをセットしてPIN入力を行わなければPCが起動しない機能を備えている。読み取り機からICカードを取り外すと、画面表示を停止し、キーボードやマウスからの操作が不能となり、再度利用者本人のICカードをセットし、正しいPIN入力を行なうことで操作が可能となる。

 同製品は、SSFC(Shared Security Formats Cooperation)フォーマットに対応しているため、同フォーマットに準拠したICカードを使うことで、SSFC対応ゲートシステムと組み合わせ、連携させることができる。職場への入室チェックの際に、ICカードにゲートシステムのID情報を書き込み、この情報がないとPCが起動しないように設定できるほか、複数のゲートシステムを通過しなければ、PCが起動しないようにすることもできる。なお価格は、PC1台あたり4000円前後を予定しており、500人規模の企業の場合、同製品と対応ICカード、対応読取機を含め、450万円程度でシステム構築が可能となっている。


出荷日・発売日 2005年10月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011890


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ