IIJ、“EPCglobal Network”準拠のRFIDソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、“EPCglobal Network”準拠のRFIDソリューションを提供


掲載日:2005/09/12


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ネットワークを介したRFIDの国際標準規格である“EPCglobal Network”に準拠した、「IIJ EPCNetworkサービス」を、10月より順次提供する。

 「IIJ EPC Networkサービス」は、EPC/属性情報/履歴情報などのRFIDタグに紐付く情報を、インターネット上で汎用的に登録/参照/変更できるシステム。EPC情報の登録/参照/変更を行うためのデータベースであるEPCIS(EPC Information Service)サーバーの運用/管理サービスと、EPCとEPC情報を格納するEPCISを関連づけるONS(Object Name Service)サーバーの運用/管理サービスから構成されている。これらの機能へのアクセスは、SOAPを用いたWebサービスとして提供される。また、システム開発者向けに、“EPCglobal Network”に準拠した基本ライブラリ「IIJ EPC Networkソフトウェア」が提供される予定となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 【CA Technologies】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 外部/内部攻撃を共通点で阻止――攻撃サイクルの最重要「遮断ポイント」は? IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011849


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ