IIJ、“EPCglobal Network”準拠のRFIDソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、“EPCglobal Network”準拠のRFIDソリューションを提供


掲載日:2005/09/12


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ネットワークを介したRFIDの国際標準規格である“EPCglobal Network”に準拠した、「IIJ EPCNetworkサービス」を、10月より順次提供する。

 「IIJ EPC Networkサービス」は、EPC/属性情報/履歴情報などのRFIDタグに紐付く情報を、インターネット上で汎用的に登録/参照/変更できるシステム。EPC情報の登録/参照/変更を行うためのデータベースであるEPCIS(EPC Information Service)サーバーの運用/管理サービスと、EPCとEPC情報を格納するEPCISを関連づけるONS(Object Name Service)サーバーの運用/管理サービスから構成されている。これらの機能へのアクセスは、SOAPを用いたWebサービスとして提供される。また、システム開発者向けに、“EPCglobal Network”に準拠した基本ライブラリ「IIJ EPC Networkソフトウェア」が提供される予定となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 ハイブリッド時代のデータ漏えいを防ぎ、特権IDを一元管理するセキュリティ 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? 【パロアルトネットワークス】 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 【Commvault Systems Japan】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。 データ漏えいの要因、特権ユーザーアカウントの侵害をどう防ぐ? 脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011849


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ