カール、Webシステム開発言語「Curl」の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カール、Webシステム開発言語「Curl」の新版を発売


掲載日:2005/09/12


News

 株式会社カールは、リッチクライアント型Webシステム開発言語「Curl」の新バージョン「Curl Ver4.0(日本語版)」を、発売した。

 「Curl Ver4.0」では、Webブラウザが無くても「Curl」アプリケーションを実行することができる。これにより、Webブラウザの仕様によって制御ができなかった、アプリケーションのウィンドウサイズのコントロールや、誤って終了ボタンを押すことによるアプリケーションの強制終了の回避などを行なうことができる。グラフやチャートの作成を考慮したさまざまなグラフィックAPIが提供されるほか、統合開発環境(IDE)では、ソースコード管理システムとのインターフェース機能が追加され、HTTPモニターやパフォーマンス分析ツールが提供されている。

 また、3DES/RC2/RC4に準拠した暗号化アルゴリズム機能を搭載したほか、BtoCなどで、「Curl」アプレットをインターネット経由しWebサーバーからダウンロードする際に、配信元やダウンロードしたアプリケーションが改竄されてないことを保証する署名付アプレットが提供され、指紋認証や生体認証を提供する外部デバイスやソフトウエアとの連携に必要な外部ライブラリ向けAPIが追加されている。なお価格は、「統合開発環境Surge Lab IDE」が5万9800円、「Curl」実行ライセンスが30万円からとなっている。


出荷日・発売日 2005年9月12日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011845


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ