ハンモック、容易に導入できる不正PC遮断システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンモック、容易に導入できる不正PC遮断システムを発売


掲載日:2005/09/08


News

 株式会社ハンモックは、企業内に持ち込まれる不正利用PC(非認証PC)を遮断するセキュリティシステム「Asset View Gate Keeper」を、9月末より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「Asset View Gate Keeper」は、不正利用PCによる、ウイルスやワームの感染、不正なネットワーク利用、情報漏えいを、遮断するセキュリティシステム。PCのMACアドレスによる認証により、事前に登録されたPC以外は、企業内ネットワークへの接続を遮断する。また、DHCPのネットワーク環境でIPアドレスを直接打ち込んだ場合でも、不正接続を拒否することができる。接続許可/接続拒否ログを保存する機能も備えている。

 ソフトウエア一体型アプライアンスサーバーで構成されており、ネットワークのセグメントに接続することで導入できるため、既存ネットワークの変更は不要となっている。


出荷日・発売日 2005年9月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 【アシスト】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 インフラ構築時の重要課題、“後付けセキュリティ”の弊害とは? スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011812


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ