オーク情報システム、「NetEvidence」をアプライアンス化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オーク情報システム、「NetEvidence」をアプライアンス化


掲載日:2005/09/06


News

 株式会社オーク情報システムは、情報漏えい対策製品「NetEvidence」を、日本電気株式会社のIAサーバー「Express5800」シリーズでアプライアンス化し、同製品のラインナップを、拡充した。

 「NetEvidence」は、ネットワーク経由で交わされる外部との通信データを記録/保存することで、不正行為を抑止するとともに、漏えいがあった場合に漏えい者の特定と証拠の保全を行なうためのフォレンジック製品。従来は、オーク情報システムが市販のサーバーを調達してソフトウエアをインストールしており、調達できるハードウエアの仕様に制約があった。

 今回のアプライアンス化により、「NetEvidence」の製品ラインアップは、従来の4種類から、42種類に拡充された。バックアップ装置に関するラインアップは、従来のLTO2に加えてサーバー内蔵のAIT3での対応も可能となった。価格は、ハードウエアの構成により、220万円から880万円までとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 2,200,000円〜8,800,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

NetRAPTOR 【トーテックアメニティ】 フォレンジックソリューション 【ギガ】
フォレンジック フォレンジック
大容量データも逃さずキャプチャ。添付ファイルも含めた日本語全文検索、リアルタイム通知など、機能充実の国産ネットワークフォレンジックサーバ。 ネットワークフォレンジックで最も重要な通信データの証跡を、長期間確実に、かつ低コストで保存できるようにワンパッケージとしたソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011777


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ