提携:日本オラクルとSPSS、データマイニング分野で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本オラクルとSPSS、データマイニング分野で協業


掲載日:2005/09/06


News

 日本オラクル株式会社とエス・ピー・エス・エス株式会社は、エンタープライズ向けのデータマイニング分野で協業すると、発表した。

 SPSSは、情報を分析して未来予測を行うための方法論“Predictive Analytics”を提唱しており、統合型マイニングプラットフォーム「Clementine」を提供している。日本オラクルとSPSSは、「Oracle Database 10g Release2」のデータマイニング機能「Oracle Data Mining 10g」と、「Clementine」との連携により、パフォーマンスに優れたデータ基盤を提供し、大量のデータを有効に利用することを支援する。

 「Oracle Data Mining 10g」は、「Oracle Database 10g Release 2」に統合されたデータマイニング機能で、高度なビジネスインテリジェンスアプリケーションを構築することができる。今回の協業により、SPSS Japanの「Clementine 9.0」の「In-Database Mining」機能から、「Oracle Data Mining 10g」で用意されたアルゴリズムを呼び出して分析することが可能になる。また「Oracle Data Mining 10g」の分類/回帰アルゴリズム“Naive Bayes”、“Adaptive Bayes”、“Support Vector Machines”を「Clementine 9.0」から容易な操作で利用することが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011768


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ