事例:BIGLOBEが「Oracle Database 10g Release 2」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:BIGLOBEが「Oracle Database 10g Release 2」を導入


掲載日:2005/09/06


News

 日本オラクル株式会社は、日本電気株式会社の運営するインターネットサービス「BIGLOBE」が、日本オラクルのデータベース製品「Oracle Database 10g Release 2」の採用を決定し、10月より稼働すると、発表した。

 日本オラクルは、以前から「BIGLOBE」に、データベースソフトをはじめとする製品やサービスを提供してきた。今回、「BIGLOBE」は、コンテンツサービスの用途に適用していたデータベースの標準構成について、性能や信頼性、安定性を向上させ、効率的に運営するため、プラットフォームに「Oracle Database 10g Release 2」を採用することを決定した。

 「Oracle Database 10g Release 2」は、システムを停止せずにバージョンアップする“ローリング・アップグレード”に対応しており、顧客へのサービスを止めずにパッチ適用や今後のバージョンアップを実施できることから、今回の採用に至った。また、24時間365日の可用性を実現し、安定したパフォーマンスやスケールアップを実現するため、オラクルのクラスタシステム「Oracle Real Application Clusters 10g」と、高度なデータ保護機能をもつ「Oracle Data Guard」の採用を決定した。

 また、同データベースシステム全体のバランスを維持運営するため、アドミニストレータ側から負荷分析ができ、SQLのチューニング箇所を開発者側に指示できるシステムが必要とされていた。そのため、「BIGLOBE」は、システムの一元的な集中管理やプロビジョニングに対応する「Oracle Enterprise Manger 10g」の採用も決定している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】 “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。 “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011766


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ