日立COM、内線VoIP対応中小規模向けテレフォニーシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立COM、内線VoIP対応中小規模向けテレフォニーシステムを発売


掲載日:2005/09/02


News

 株式会社日立コミュニケーションテクノロジーは、内線VoIPに対応した中小規模事業所向けテレフォニーシステム「MX300IP」を、9月30日より出荷する。価格は、アナログ局線10回線、多機能電話機20台、PHS端末20台などを含んだ構成で300万円からとなっている。

 「MX300IP」は、IP多機能電話機を内線電話機として収容することができる。電話機本体に内線番号とIPアドレスを登録することで、レイアウト変更の場合でも個人毎の内線番号や短縮ダイヤルをそのまま使うことが可能となっている。IP多機能電話機とPCとを連携することで、PCからの操作で発信することもできる。

 電話サービス会社が提供するIP電話サービスなどの回線を利用し、事業所間の内線発着信ができる簡易専用線機能を備えている。専用線を契約しない場合でも、専用線発信と同様の発信操作で、ダイヤルされた別事業所の内線電話機を直接呼び出すことが可能で、事業所間の回線費用の削減が可能となっている。着信側内線が多機能電話機やPHSのような発信者番号表示機能を備えた端末の場合は、発信者番号を表示することもできる。

 内線グループごとにメールボックスを設けており、通話内容や自分の声を電話機からの操作で録音でき、録音した内容を別のグループに転送させる機能を備えている。これにより、社内の電話応対業務を軽減し、用件を迅速に伝えることができる。部署のダイヤルイン番号ごとに留守録音や応答メッセージ、不在時の携帯電話への転送などを設定することができる。多機能電話機は、漢字表示が可能な大型ディスプレイに加え、携帯電話と同様な操作で電話帳の検索/登録や電話機の設定が可能な十字キーを搭載したものが採用されている。


出荷日・発売日 2005年9月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011736


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ