日本HP、大規模向けストレージ統合管理ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、大規模向けストレージ統合管理ソフトの新版を出荷


掲載日:2005/09/01


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、大規模システム向けのストレージ統合管理ソフトウエア「HP Storage Essentials」を、10月中旬より出荷する。

 「HP Storage Essentials」は、従来のストレージ統合管理製品「HP OpenView Storage Area Manager」の後継製品で、ハード統合管理プラットフォーム「HP Systems Insight Manager」(HP SIM)の新バージョンと連携して動作する。「HP SIM」の管理画面により、単一のコンソールでサーバーとストレージ全体の統合管理が可能となっている。

 また、他社製ストレージへの対応が強化され、「HP OpenView」製品との連携によりネットワークやアプリケーションの管理を含む大企業のIT環境の統合的な管理への拡張も実現している。Windowsをインストールした管理サーバー上で稼働し、Webブラウザを使用して各種の機能を利用することができる。単体のストレージ装置に加え、SANを構成する各社のディスクアレイやテープライブラリ、NAS、SANスイッチ、HBAなどに対応可能となっている。

 さらに同社は、「HP SIM」の新バージョン「5.0」も、発表した。同社のWebサイトより無償で提供される。同製品は、「HP Storage Essentials」と連携し、新たにストレージ統合管理機能に対応した。HPサーバーのハードウエアレベルの統一管理ツールとしての機能を強化しながら、「HP StorageWorks MSA/EVA/XP」などのエンタープライズストレージ製品のサポートが可能となっている。


出荷日・発売日 2005年10月中旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本HP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011721


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ