提携:住商情報システムなど3社、中堅企業向けERP製品分野で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:住商情報システムなど3社、中堅企業向けERP製品分野で協業


掲載日:2005/09/01


News

 住商情報システム株式会社、株式会社リード・レックス、日本アイ・ビー・エム株式会社の3社は、中堅企業向けのERPパッケージと生産管理システムの分野で協業すると、発表した。

 今回の協業により3社は、データ連係のための相互インターフェースの共同開発やサポート体制の構築、SOA(サービス指向アーキテクチャ)対応を目指した共同研究などを行なう。また、製造業をターゲットとした共同の営業活動や共同のマーケティング活動、ミドルウエア/ハードウエア稼働環境の提供なども実施する。

 住商情報システムは、会計/販売管理/人事管理/給与業務などをカバーするERPパッケージ「ProActive」シリーズを提供している。リード・レックスは、生産管理系業務に特化し、生産管理パッケージ「R-PiCS」を中堅企業市場向けに提供している。今回、住商情報システムは、会計系のERPパッケージ「ProActive E2」の「IBM DB2 Universal Database(DB2 UDB)、WebSphere ApplicationServer(WAS)対応版」を、出荷した。これにより、既にDB2 UDB/WAS対応が完了している生産管理システム「R-PiCS V3 Linux」との間でシームレスなデータ連係が可能となる。

 これにより、生産や販売、請求/回収/支払、財務会計/管理会計まで、各種データの連係をスムーズに実現できるほか、データの一元管理によりデータの再入力が不要となり、再入力に伴う入力ミスを削減することができる。また、両製品間のデータ統合検証は実施済みで、システム連係インタフェースの作成や、ユーザー側での検証作業が不要となり、構築期間を削減することができる。なお「ProActive E2」と「R-PiCS」セットの場合のライセンス金額は、約2000万円から(システムの構成により変動)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 GRANDIT 【GRANDIT】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには? 【株式会社ミロク情報サービス】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 マンガで解説! 苦労して作った報告書が一瞬で用済み……という悲劇を防ぐには ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011719


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ