事例:オムロンヘルスケアが「JD Edwards EnterpriseOne」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:オムロンヘルスケアが「JD Edwards EnterpriseOne」を導入


掲載日:2005/08/31


News

 日本ピープルソフト株式会社は、オムロンヘルスケア株式会社が、同社の基幹業務システムに日本ピープルソフトのビジネスアプリケーションスイート「JD Edwards EnterpriseOne」を採用し、会計/販売/在庫/調達/生産管理を含めた基幹業務システムを世界規模で構築したと、発表した。

 オムロンヘルスケアは、健康医療機器の大手メーカー。電子血圧計や体重体組成計、電子体温計などの健康医療機器の研究開発/製造/販売を行なっている。同社では2003年7月のオムロン株式会社からの分社を機に、経営情報を迅速/多面的に管理でき、事業特化による業務プロセスやビジネス環境の変化に対応できるシステム基盤の構築を目指していた。また同社では、1991年に中国の生産拠点から全世界へ商品を供給するグローバル展開を図っており、業務プロセスを含むシステムの標準化による管理レベルの底上げなど、同社のグローバル経営をサポートし、成長と変化に対応できる拡張性の高いシステム基盤が検討されていた。

 「JD Edwards EnterpriseOne」は、中堅企業市場を対象とした、オールインワン型で短期導入が可能なビジネスアプリケーションスイート。オムロンヘルスケアでは、同製品がパッケージでありながら柔軟性に優れ、事業規模や事業特性に適合したシステム基盤を比較的短期間で構築可能なことや、シェアードシステム化することでシステムのスリム化、引いてはTCOの削減が期待できたこと、欧米拠点で既に「JD Edwards」の採用実績があったことから、今回の採用に至った。

 同システムは、2004年10月に日本のオムロンヘルスケア本社と営業拠点、生産会社、シンガポール販社で本番稼働し、2005年5月には、中国の大連販社と上海営業所で本稼働が開始し、既に導入済みの欧米の販売拠点とあわせ、世界規模で共通基盤が確立された。今後、オムロンヘルスケアは同システムをベースに、世界規模での経営管理情報の可視化や多面的な分析による経営のスピード化を図るほか、シェアードシステム化により、業務プロセスの標準化とTCOの低減を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】 FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】
生産管理システム 生産管理システム
組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。 生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011694


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ