富士ゼロックス、発色に優れたEA-HGトナー採用の複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、発色に優れたEA-HGトナー採用の複合機を発売


掲載日:2005/08/31


News

 富士ゼロックス株式会社は、グラフィックアーツ市場や企業内のオンデマンド印刷用途向けに、出力解像度リアル2400dpiのフルカラーデジタル複合機「富士ゼロックスDocuColor 5065 P/4055 P」と「Print Server UP/LP」を、9月1日より発売する。

 「DocuColor 5065 P」は、カラー毎分50枚/モノクロ毎分65枚(A4ヨコ)、「DocuColor 4055 P」は、カラー毎分40枚/モノクロ毎分55枚(A4ヨコ)の出力速度を実現したフルカラーデジタル複合機。両製品とも、赤/青/緑といった2次色の再現性向上により、鮮やかな発色を実現する“EA-HG”(Emulsion Aggregation-High Grade)トナーを採用している。「Print Server UP/LP」との接続により、DIC/東洋インキ標準色認定を取得している。

 約3万枚プリント可能な大容量トナーカートリッジを採用したほか、リザーブタンクとトナー交換専用ドアを設け、トナーカートリッジを交換中でも、リザーブタンク内のトナーを使用してコピーを行なう。これにより、マシンを止めずに大量処理を継続することができる。また、K100%の文字や線画の出力も、連続階調モード(K100%高精細)により、1200dpiの解像度で処理することができる。

 「Print Server UP/LP」は、“Remote Print Powered by GTRAX”機能により、大容量ファイルや校正済み原稿のスキャンファイルをセキュアな環境下で送信し、プリントすることができる。遠隔地にある入稿先や取引先にインターネットを介してPDFを送受信し、入稿データの自動プリントや校正戻しのワークフローを構築することで効率の向上が可能となっている。なお“Remote Print Powered by GTRAX”機能は、有償で別途ID取得などの契約が必要となるが、設置から9ヵ月間は無償で使用することができる。


出荷日・発売日 2005年9月1日 発売
価格 「5065 P」:3,800,000円/「4055 P」:3,100,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011685


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ