キヤノンSOL、スパイウエア検出を強化した「NOD32」新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンSOL、スパイウエア検出を強化した「NOD32」新版を発売


掲載日:2005/08/29


News

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は、PC向けウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」のスパイウエア検出機能を強化した新バージョン「NOD32アンチウイルスV2.5」を、9月16日より発売する。価格は6800円で、ダウンロード版が4000円となっている。

 「NOD32アンチウイルスV2.5」は、ウイルスやスパイウエアなどのマルウエアに対し、ヒューリスティック技術により詳細に分析し、悪意ある振る舞いの特性を識別することが可能なEset社の“ThreatSense”テクノロジーを採用したソフト。未知のウイルスなどを定義ファイル更新前でも検出できるヒューリスティックエンジンを備えているほか、メモリー消費を抑え、PCやネットワークのパフォーマンスへの影響を抑えている。ウイルススキャンの検出率と速度の双方を向上し、自動アップデートも備えている。

 Eset社は同製品のリリースと同時に、マルウエアの発生状況を世界規模で監視する早期警告システム“ThreatSense.NET”を開始し、同システムが収集した情報とデータにより、ヒューリスティックエンジンを継続的に強化する。このリアルタイムフィードバックの仕組みにより、「NOD32」ユーザーに提供する保護のレベルを高めることが可能となる。


出荷日・発売日 2005年9月16日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「キヤノンシステムソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 【日立ソリューションズ】 2016年セキュリティ調査:「人材不足」「予算不足」の対策はどこへ向かうのか? 【東日本電信電話】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 2016年セキュリティ調査:「人材不足」「予算不足」の対策はどこへ向かうのか?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011670


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ