事例:日本通運が「サイボウズガルーン2」の導入を決定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本通運が「サイボウズガルーン2」の導入を決定


掲載日:2005/08/26


News

 サイボウズ株式会社は、日本通運株式会社が業務の効率化に向け、ポータル型グループウエア「サイボウズガルーン2」の導入を決定したと、発表した。

 日本通運は、1937年創立の大手物流企業で、社内の情報活用により生産性の向上を図るため、一部の部署で中/小規模用のグループウエア「サイボウズOffice」を利用してきた。今後は本社事業所で「サイボウズガルーン2」を導入し、さらなる業務の効率化を目指す。

 日本電気株式会社と日本電気システム建設株式会社が、日本通運のシステム構築を7月15日より開始し、8月17日より「サイボウズガルーン2」の試行運用が始まった。NECの「Express5800」サーバーをベースにバックアップツールやウイルス対策ソフトを用いたポータル環境を実現している。今後、日本通運では、「サイボウズガルーン2」のポータル機能やスケジュール機能、掲示板機能などを活用し、情報共有スピードの改善を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 グループウェア NICollaboSmart 【ソフトバンク コマース&サービス】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? スケジュール管理、文書管理、ワークフロー、メール、掲示板(ナレッジ・コラボレーション)など豊富な機能を網羅したポータル型グループウェア。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011666


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ