事例:日本通運が「サイボウズガルーン2」の導入を決定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本通運が「サイボウズガルーン2」の導入を決定


掲載日:2005/08/26


News

 サイボウズ株式会社は、日本通運株式会社が業務の効率化に向け、ポータル型グループウエア「サイボウズガルーン2」の導入を決定したと、発表した。

 日本通運は、1937年創立の大手物流企業で、社内の情報活用により生産性の向上を図るため、一部の部署で中/小規模用のグループウエア「サイボウズOffice」を利用してきた。今後は本社事業所で「サイボウズガルーン2」を導入し、さらなる業務の効率化を目指す。

 日本電気株式会社と日本電気システム建設株式会社が、日本通運のシステム構築を7月15日より開始し、8月17日より「サイボウズガルーン2」の試行運用が始まった。NECの「Express5800」サーバーをベースにバックアップツールやウイルス対策ソフトを用いたポータル環境を実現している。今後、日本通運では、「サイボウズガルーン2」のポータル機能やスケジュール機能、掲示板機能などを活用し、情報共有スピードの改善を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011666


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ