レノボ、指紋センサーを搭載した「ThinkPad R52」などを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、指紋センサーを搭載した「ThinkPad R52」などを出荷


掲載日:2005/08/25


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、指紋センサーを搭載した「ThinkPad R52」などノートPC 3機種と、処理性能や拡張性に優れた「ThinkCentre A52 Tower」などデスクトップPC 2機種を、8月24日より順次出荷する。

 今回出荷されるノートPCは、「ThinkPad R52」10モデルと、「ThinkPad T43」14モデル、「ThinkPad T43p」2モデルで、デスクトップPCは、カスタマイズモデル「ThinkCentre A52 Tower」と、「ThinkCentre A51」31モデルとなっている。「ThinkPad R52」は、指紋センサーにより、BIOSパスワードやWindowsログオン、スクリーンセーバーの解除といった複数の認証作業を、パスワードの個別入力から指紋認証に置き換えることができる。また、Pentium Mプロセッサ740(1.73GHz)を採用したほか、80GBのハードディスク搭載モデルも用意している。「ThinkPad T43」は、Pentium Mプロセッサ770(2.13GHz)を採用したA4モバイルPCで、100GB/毎分5400回転のハードディスク搭載モデルも用意している。「ThinkPad T43p」は、Pentium Mプロセッサ780(2.26GHz)を採用し、画像処理能力に優れており、全モデルに100GB/毎分7200回転のハードディスクを搭載している。

 「ThinkCentre A52 Tower」は、“EM64T”対応のPentium 4プロセッサ650(3.40GHz)と「945G」チップセットを採用したデスクトップPC。グラフィックに「ATI Radeon X700」を採用したモデルも用意されている。メモリーや光学ドライブなどの主要コンポーネントを全48パターンにカスタマイズ可能なほか、セキュリティチップを標準搭載し、BIOSパスワードの認証に対応した指紋センサー搭載キーボードを同梱している。「ThinkCentre A51」は、Pentium 4プロセッサ630(3GHz)など、全モデルが“EM64T”に対応しているほか、「915GV」チップセットとセキュリティチップを搭載している。

 今回出荷される全機種に、容易な操作で迅速な復旧が可能な「Rescue and Recovery」が搭載されているほか、「ThinkPad」新機種には、ハードディスク保護機能「ハードディスク・アクティブプロテクション・システム」、パフォーマンスと消費電力の調整が可能な「省電力マネージャー」、ドライバの更新/導入を支援する「ThinkPadソフトウェア導入支援」、ネットワークへの接続を支援する「Access Connections」などが搭載されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011640


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ