NECなど、新IEEE802.11a対応スティック型無線LANアダプタを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、新IEEE802.11a対応スティック型無線LANアダプタを出荷


掲載日:2005/08/25


News

 日本電気株式会社とNECアクセステクニカ株式会社は、新IEEE802.11a(国際分配チャネル)に対応し、USBコネクタ部分の折り曲げと回転が可能なスティック型無線LANアダプタ「AtermWL54SU」を、9月上旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「AtermWL54SU」は、IEEE802.11a/b/gに対応したUSBスティック型の無線LANアダプタ。5月16日に施行された“電波法施行規則の一部を改正する省令”に基づき、11aの新チャネル(W52/W53)に対応したほか、従来チャネル(J52)にも対応している。また、添付の常駐型無線LAN管理ツール“サテライトマネージャ”により、他機器が利用するチャネル、電波強度、チャネル間の干渉状況をグラフ表示することができる。

 USBコネクタ部分と本体部分との接合部に二軸回転機構を採用し、コネクタ部分の折り曲げと回転がそれぞれ+90/+45/±0/-45/-90度の5段階で可能となっており、さまざまな向きのUSBポートに装着することができる。これにより、アンテナ部を含む本体部分を常に垂直方向に向けて設置でき、電波感度を向上することができる。また、“らくらく無線スタート”機能に対応し、SSIDや暗号化キーなどの無線LAN接続設定を親機側のボタン操作で自動的に行なうことができるほか、無線LAN高速化技術“Super AG”にも対応し、接続時に実効スループットを向上することができる。

 なお、単体モデルに加え、新IEEE802.11aと11b/11gを切り替えて利用する無線ブロードバンドルーター「AtermWR6650S」とのセットモデルと、新11a/11b/11gを同時に利用できる「AtermWR7850S」とのセットモデルも、9月上旬より出荷される。価格は、オープン価格となっている。


出荷日・発売日 2005年9月上旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011636


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ