相栄電器、ネットワークデフラグメンターの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


相栄電器、ネットワークデフラグメンターの新版を発売


掲載日:2005/08/22


News

 相栄電器株式会社は、ネットワークデフラグメンター「Diskeeper」の新バージョン「Diskeeper 9 for Windows日本語版」を、9月22日より発売する。

 「Diskeeper」は、ディスクの断片化によるスローダウンやクラッシュの監視/抑制が可能な製品。「Professional Edition」、「Server Standard Edition」、「Server Enterprise Edition」に加え、今回、スタンドアロン向けの「Home Edition」も追加された。“スケジューリング機能”により、定期的にバックグラウンドでデフラグを実行できるほか、「Server Enterprise Edition」ではテラバイトクラスの大容量ディスクに対応した“TVE”(テラバイトボリュームエンジン)を搭載し、100GB以上のディスクでも高速に処理することができる。

 今回の新バージョンでは、デフラグ中もシステムのスピードを確保できるようドライブのアクセスを監視する“I/O Smart”や、システムの安全性と信頼性を維持しながら、クラッシュにつながるクリティカルなシステムファイルの断片化を防ぐ“Frag Shield”などの技術が搭載されたほか、ドライブごとに2種類のスケジュールを設定することができる。また、ファイルをデフラグ処理することでパフォーマンスを向上させる“ファイルパフォーマンスデフラグモード”も備えている。なお、通常の販売に先立ち、ダウンロード販売を先行して開始する予定。


出荷日・発売日 2005年9月22日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011608


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ