マカフィー、IRCサーバー経由で感染するウイルスの情報を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、IRCサーバー経由で感染するウイルスの情報を発表


掲載日:2005/08/18


News

 マカフィー株式会社は、同社のウイルス/脆弱点の研究機関“McAfee AVERT”が、米国日付8月16日に発見されたウイルス「W32/IRCbot.worm!MS05-039」の危険度を“高”としたと、発表した。

 「W32/IRCbot.worm!MS05-039」は、米国日付8月9日にマイクロソフトが発表した、遠隔操作/アクセス権限に関連する脆弱点“MS05-039”を狙って感染拡大するウイルス。8月17日現在、米国/ヨーロッパ/アジアで150件を超える感染/検知が報告されている。脆弱点の発表からウイルス発生まで7日間と短く、脆弱点パッチの更新作業中/作業予定の企業や個人ユーザーに感染が拡大している。同社では、企業ユーザーに対する危険度と個人ユーザーに対する危険度を共に“高”としている。

 同ウイルスは、メールやWebを介さず、IRCサーバーを経由してユーザーが気づかないうちに感染を広げている。“MS05-039”を持つPC/システムを見つけ、バッファオーバーフローを用いて感染し、PCの再起動を繰り返す。なお、同社のユーザーは、エンジン「4.4.00」以降とウイルス定義ファイル「4560」に更新することで駆除することができる。また、同社のユーザー以外でも、同社のWebサイトで公開している「スティンガ2.4.6」により検知/駆除することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 統合型セキュリティ対策ソリューション iSHERIFF CLOUD SECURITY 【ソフトバンク コマース&サービス】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 エンドポイント、Web、メールセキュリティを単一の管理コンソールで提供し、一元化されたポリシーをクラウドで管理、展開できる統合型セキュリティ対策ソリューション。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011584


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ