トレンドマイクロ、「WORM_ZOTOB」のウイルス情報を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレンドマイクロ、「WORM_ZOTOB」のウイルス情報を発表


掲載日:2005/08/17


News

 トレンドマイクロ株式会社は、「WORM_ZOTOB.A/WORM_ZOTOB.B」のウイルス情報を、発表した。両ウイルスの危険度を、同社では“低”としている。

 「WORM_ZOTOB」は、8月10日に公開されたWindowsの“プラグアンドプレイの脆弱性”と呼ばれるセキュリティホールを利用して広まるワーム。“プラグアンドプレイの脆弱性”では、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる。同ウイルスは、ネットワークを通じて感染を広げ、HOSTSファイルを改変して特定のWebサイトへのアクセスを妨害するほか、IRCを利用して外部からのリモートコントロールを可能にする。

 「WORM_ZOTOB.A」は、Windowsシステムフォルダ内に“BOTZOR.EXE”というファイルを作成する。「WORM_ZOTOB.B」は、“CSM.EXE”というファイルを作成する。両ウイルスとも、レジストリ値の改変も行なう。対策としては、Windows Updateなどを利用し、セキュリティホールを修正する。なお同社製品では、ウイルスパターンファイル2.779.00以降で対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? 【株式会社シマンテック】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 ランサムウェアの拡散を食い止める、一人情シスでも管理が楽なセキュリティ対策 【パイオリンク】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 マルウェア対策ソフトや統合脅威管理(UTM)だけでは防ぎきれないといわれる身代金要求型マルウェア(ランサムウェア)。その仕組みと、被害を未然に防ぐ対策を解説する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011572


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ