事例:JITがWebDAVファイルサーバー「Xythos Web File」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:JITがWebDAVファイルサーバー「Xythos Web File」を導入


掲載日:2005/08/17


News

 アシストマイクロ株式会社は、株式会社JALインフォテック(JIT)の社内情報共有システム構築にあたり、ファイルサーバー製品「Xythos Web File」の導入作業を行ない、2005年3月に本格稼働を開始したと、発表した。

 JITは、JALグループのIT戦略を支える企業。同社の情報システム部は、社内の情報システムのストラテジー構築を主な業務とし、全国7ヵ所(東京、成田、羽田、大阪、名古屋、福岡、札幌)約1500名をサポートしている。同社では、部門間や主要取引先とのセキュアなファイル共有に対する要望があり、Webベースのドキュメント管理ソリューションを求めていた。そうした中、次世代のファイル共有プロトコル“WebDAV”を全面採用した「Xythos Web File」に着目し、Xythosのサーバー製品「Xythos WebFile Server」とクライアント製品「Xythos WebFile Client」の機能検証を経て、導入に至った。

 「Xythos Web File」は、米Xythos Software,incのファイルサーバー製品。JITでは、全社的にはセキュアな情報基盤を構築し、部門間や取引先とのファイル共有、コラボレーション作業をスピーディに柔軟に行なうことを目的にしている。また、情報システム部では、分散した部門サーバー50台の管理やセキュリティ対策、ストレージリソース管理などでの負荷の軽減を目的に導入した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

Windows タブレット・スマートフォン向けアプリ Any3 FileSharing 【ソフトバンク コマース&サービス】 コンテンツ制作・共有クラウド ビジュアモール スマートカタログ 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュリティ機能付きファイル共有アプリ 「CLOMO SecuredDocs」 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】 タブレット用 ギャラリーアプリサービス 「VISIBOARD」 【ソフトバンク コマース&サービス】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
Microsoft SharePointのファイル共有機能をタッチ操作で簡単に活用できるようにする、Windows デバイス(タブレット)に対応したWinRT アプリ・ストアアプリ。 全日本空輸(ANA)8000名への導入を始め、約400社、15万ユーザーが活用するマルチメディアコンテンツ制作・共有管理クラウド。訴求力の高いコンテンツをセキュアに共有。 秘匿性の高い業務ドキュメントは、シークレットモードが利用でき、アプリ間のデータコピー制限など監視・管理機能が大幅に強化されているファイル共有アプリ。 商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。 製品紹介やプロモーションビデオなどをセットアップし、スタイリッシュに紹介できる、タブレット用のアプリサービス。コンテンツはクラウドCMSにて一括管理が可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011568


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ