NTTレゾナントなど、「ビジネスgoo」とIP対応ビジネスホンを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTレゾナントなど、「ビジネスgoo」とIP対応ビジネスホンを連携


掲載日:2005/08/17


News

 NTTレゾナント株式会社と東日本電信電話株式会社/西日本電信電話株式会社は、NTTレゾナントのASP型グループウエア「ビジネスgoo」と、NTT東西のIP対応ビジネスホン「Netcommunity SYSTEM X7000」との機能連携を、開始した。

 「ビジネスgoo」は、携帯電話からの利用にも対応し、直感的な操作性を実現したASP型のグループウエア。さまざまな機能を標準搭載し、サーバーや管理者は不要となっている。「Netcommunity SYSTEM X7000」は、IPによるCTI(コンピュータテレフォニーインテグレーション)連携に対応したビジネスホンで、データ系サービスやアプリケーションとの連携など、拡張性に優れている。

 今回の機能連携により、「ビジネスgoo」の“名刺管理”の欄に、ユーザーが予め登録した電話番号をクリックすることで電話を発信でき、受話器をあげるとすぐに通話することが可能になる。“名刺管理”の欄には、全社共通の連絡先登録も可能で、取引先などの連絡先情報を共有することができる。また、離席中のスタッフに伝言を残すことができる“伝言メモ”機能を利用して他のスタッフが書き込んだ電話番号情報からも、ワンクリックで電話を発信することができる。これらにより、名刺を探してダイヤルすることに比べ、迅速で正確な電話発信が可能となるほか、電話番号情報を社内で共有でき、業務を効率化することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 ビジネスgoo基本契約:月額3,150円(税込)/10 ID

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】 20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 クラウド型グループウェア rakumo 【ソフトバンク コマース&サービス】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 クラウド環境で動作するオフィスツール群。「カレンダー」「コンタクト」「ワークフロー」「タイムレコーダー」「ボード(掲示板)」「ケイヒ」から必要なものを利用可能。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011560


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ