コモド、有効期間6ヵ月のSSLサーバー証明書発行サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コモド、有効期間6ヵ月のSSLサーバー証明書発行サービスを提供


掲載日:2005/08/16


News

 日本コモド株式会社は、SSLサーバー証明書発行サービス「EnterpriseSSL」に、有効期限6ヵ月+30日/有効期限2年+30日のメニューを追加し、提供を開始した。価格は、6ヵ月+30日が4万5150円、2年+30日が11万3400円(いずれも税込)となっている。

 「EnterpriseSSL」は、128ビット暗号化技術に対応し、営業日の午後3時までに必要書類が揃ったユーザーに対して即日発行が可能なSSLサーバー証明書発行サービス。民間の信用機関への照合または公的な書類により実在証明が確認された場合にのみ発行することで、ドメイン名が正当な権利を持っていることの保証が可能となっている。また、証明書の発行申請や、既に発行された証明書の有効期限の一覧表示などをオンラインで行なうことが可能な管理アカウントが無償で提供される。今回、公開期間が限られたWebサイトなど短期の利用を考慮し、両メニューが追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本コモド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

「GDPR」「PCI DSS」にも一括対応、主要規格に準拠したデータ保護の仕組みとは 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法 【F5ネットワークスジャパン】 Azureのセキュリティを効率化、高度な暗号化と鍵の一元管理を可能にする方法 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
「GDPR」「PCI DSS」にも一括対応、主要規格に準拠したデータ保護の仕組みとは ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法 Azureのセキュリティを効率化、高度な暗号化と鍵の一元管理を可能にする方法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011556


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ