デル、デュアルコアに対応したエントリーサーバー2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、デュアルコアに対応したエントリーサーバー2機種を発売


掲載日:2005/08/16


News

 デル株式会社は、同社の高性能サーバー「PowerEdge」シリーズの中/小規模ビジネス/ネットワーク向けエントリーサーバーとして、デュアルコアプロセッサであるPentium Dプロセッサに対応したタワー型サーバー「PowerEdge 830」と1Uの薄型ラックマウント型サーバー「PowerEdge 850」を、発売した。

 両製品とも、「E7230チップセット」を搭載し、ユーザーの用途/予算に合わせて、エントリーレベルのCeleron Dプロセッサ、高コストパフォーマンスのPentium 4プロセッサ、ハイパフォーマンスのデュアルコア対応Pentium Dプロセッサから選択することができる。全てのCPUが“EM64T”対応で、最大8GBまで搭載可能なDDR2 ECC 533/677 MHz SDRAMメモリー(デュアルチャネル対応)、PCI ExpressやオンボードギガビットNICを搭載し、可用性/拡張性に優れている。また、システム管理ツール「Dell OpenManage」によるサーバーのモニタリングやセキュリティ、RAID構成と管理、IPMI1.5準拠のBMC(Baseboard Management Controller)やオプションのリモートアクセスコントローラDRAC4/Pによる、OSの状態に依存しないリモートアクセスやモニタリング、障害対応/切り分け対応など、包括的な管理機能を備えている。

 「PowerEdge 830」は、「PowerEdge 800」の後継機種で、上位の「PowerEdge」シリーズとの互換性を備えているタワー型サーバー。中/小規模のビジネスや企業の部門レベル、リモートサイトやリテールオフィスなどにおいて、限られた予算でITインフラを構築することができる。遠隔監視を含む総合管理機能や、システムステータスインジケーターを採用し、フロントアクセス(EasyExchange)またはホットプラグ対応のSCSIハードディスクなどを搭載している。ハードウエアRAID 0/1/5に対応し、オプションの内蔵テープバックアップドライブ、外付け拡張SCSIディスクシステムと組み合わせて、より堅牢なデータバックアップシステムも実現可能となっている。

 「PowerEdge 850」は、「PowerEdge 750」の後継機種で、フロントエンドのWebサーバーや、キャッシング、ドメインコントローラ、DHCP、DNSサーバーおよび高いCPU性能を必要とするHPCC環境での利用に適した、1Uの薄型高密度ラックマウント型サーバー。低消費電力/低発熱設計のデュアルコア対応Pentium Dプロセッサの採用により、高いパフォーマンスを必要としながら、電源容量や冷却設備に制限のあるデータセンターでの利用に適している。2×PCIスロット(2種類のライザカード:1×PCI-X、1×PCI-Expressまたは2×PCI-Express)を搭載している。PCIベースのハードウエアRAID 0/1に対応し、1Uツールレスシャーシを採用している。


出荷日・発売日 2005年8月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011554


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ