NTT Com、Outlookプラグインによる暗号化/署名サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、Outlookプラグインによる暗号化/署名サービスを開始


掲載日:2005/08/16


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社は、Outlook/Outlook Expressにプラグインすることでメールやファイルの暗号化/署名が可能な「OCN暗号メールサービス」の申し込み受付を、開始した。利用料金は、5メールアドレスまでで1575円(税込)からとなっている。

 「OCN暗号メールサービス」は、メールの本文/添付ファイルを暗号化して電子署名を付与するサービスで、PC上のファイルを暗号化することもできる。ユーザーが利用するプロバイダに関わらず利用可能となる。Outlook 2002(SP3推奨)/2003(SP1推奨)とOutlook Express 5.5以降(6.0推奨)に対応し、プラグインをインストールして利用する。送信者が受信者のメールアドレスを事前に登録することで、受信者がサービス契約を意識せずに暗号メールを送受信することができる。送信側は“送信”ボタンの代わりに“暗号送信”ボタンを押すことで暗号化でき、受信側は受信メールをクリックすることで復号化される。また、受信側にクライアントソフトをインストールせず、ブラウザで暗号メールを復号化/閲覧することも可能となる。

 暗号方式は、公開鍵をユーザーのIDやメールアドレスなど一意なものに関連付ける“IBE方式”を採用しており、送信相手のメールアドレスを元に暗号化を行ない、受信した側はOCNサーバーから鍵を自動的に取得して復号化する。これにより、鍵を意識せずにメールを送受信できるほか、鍵やパスワードの相互通知が不要であるため、情報漏洩リスクを軽減することができる。電子証明書の取得や有効期限管理が不要であるため、管理者の手間を軽減することも可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011545


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ