NTTコムウェア、エンタープライズ指紋認証ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTコムウェア、エンタープライズ指紋認証ソリューションを発売


掲載日:2005/08/01


News

 NTTコムウェア株式会社は、指紋センサーと指紋管理サーバーを組み合わせた企業向け指紋認証ソリューション「e-UBF Small Office Kitプラス」を、発売した。価格は、72万円となっている。

 「e-UBF」は、指表面の凹凸断面を数値化して高速認証を行なう“周波数解析方式”を採用したソリューション。「e-UBF Small Office Kitプラス」は、事業拡張による従業員の増加などに対応するため、指紋センサーの接続数を最大1000個まで拡張することができる。また、既存のWebアプリケーションやWindowsアプリケーションの認証方式を“ID/パスワード”から“指紋認証”へ、ソフトウエアを変更せずにユーザー自身で設定できるツール「IDマネージャ」をバンドルしている。

 同製品は、残留指紋が残らない軽量スイープ型センサーを採用した指紋センサーユニット「e-UBF Unit」、指紋管理サーバー「e-UBF Server」、Windowsアプリケーションログイン指紋認証化ツール「e-UBF ID Manager」、指紋認証出退勤管理ソフトウエア「e-UBF TimeRecorder(評価版)」で構成されている。

 「e-UBF Server」では、個人IDに基づき、指紋から周波数解析法で抽出した数値データ(指紋画像への復元不可)を管理するほか、Windowsやアプリケーションのログ管理機能など、各種管理機能を提供する。「e-UBF ID Manager」では、サーバー側の設定での一括登録機能や管理機能が提供される。「e-UBF TimeRecorder(評価版)」では、出退勤管理を指紋認証で確実に本人確認し、代打ちなどの不正を防止する。ロシアで軍事用途に利用されていた高性能DB「Linter」を採用している。


出荷日・発売日 2005年8月1日 発売
価格 720,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011456


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ