NTT-AT、携帯電話からも利用可能な大規模グループウエアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、携帯電話からも利用可能な大規模グループウエアを発売


掲載日:2005/08/01


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、既存のシステムとのスムーズな連携や、利用者毎の詳細なアクセス権設定などの高度なセキュリティ機能を搭載し、モバイルからの利用も可能な大規模ポータルグループウエア「InfoMaster/ポータルグループウェア」を、発売した。

 「InfoMaster/ポータルグループウェア」は、“スケジュール管理”や“設備予約”、“伝言メモ”、“電子会議室”の基本機能に加え、社内ポータルに必要な他システムとの連携機能を備えたグループウエア。このため、ユーザーの希望や規模に合わせて柔軟にポータルシステムを構築することができる。また、利用者毎の詳細なアクセス権設定が可能なため、高度なセキュリティを確保することができる。さらに、ドラッグ&ドロップによるスケジュール予約ができるなど、使いやすいインターフェースを採用している。携帯電話からの利用も可能となっている。

 “スケジュール管理”では、出欠確認機能とメール通知により、スケジュール調整をスムーズに行なうことができる。“設備予約”では、スケジュールとの同時予約が可能なため、容易に予約でき、予約の取り忘れなどのトラブルを防ぐことができるほか、承認制設備予約の機能を備えているため、設備の効率的な利用が可能となる。“伝言メモ”では、携帯電話へのメール同時通知が可能なほか、“電子会議室”では、カテゴリ毎のアクセス権制御により、メンバーを限定した話題の投稿や閲覧を行なうことができる。

 なお価格は、ライセンス数が100から499の場合で、“基本ライセンス”が1ユーザーあたり6300円、“パッケージサポートライセンス”が1ユーザーあたり1260円(全て税込)などとなっている。


出荷日・発売日 2005年8月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 サイボウズのクラウドグループウェア「cybozu.com」 【サイボウズ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
徹底解説:企業向けチャットツールを安全にカッコよく使う方法 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 グループウェアなどをクラウド基盤で利用できるサービス。30日間無料でお試しの上、月額500円/最短1ヵ月から利用可能。有効活用に関する情報も随時提供される。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011455


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ