大塚商会、証券/金融向けの本人認証システム構築サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、証券/金融向けの本人認証システム構築サービスを提供


掲載日:2005/07/29


News

 株式会社大塚商会は、証券業界および金融業界を対象に、オンライントレーディングサービスにおけるセキュリティ強化を実現する「本人認証システム構築サービス」を、8月1日より提供する。価格は、個別見積となっている。

 「本人認証システム構築サービス」は、オンライントレーディングサービス提供企業におけるセキュリティ強化をトータルに実現するサービス。同社が実施するWebシステムの導入コンサルティングやシステム構築/運用支援、セキュリティ教育と、RSAセキュリティ株式会社の本人認証システム「RSA SecurID」を組み合わせて提供される。

 「RSA SecurID」は、60秒毎にユーニークな6桁の数字を生成/表示し、その数字に通常の個人の暗証番号(アカウントパスワード)を加え入力するという二要素認証を行なうことで、本人以外の利用を防止し、なりすまし対策を図ることができる。オンライントレーディングサービス提供企業は、本人認証システムを利用者に配布してサービスの本人認証を強固にし、高いレベルでのセキュリティを実現可能となる。

 これによりサービス提供企業は、利用者からの暗証番号に関する問い合わせや変更作業が無くなり、管理工数の削減を図ることができる。また、オンライントレーディングサービス利用者は、専用ソフトや装置を新たに追加せずに高度なセキュリティを実現でき、暗証番号の管理や定期的な変更作業が無くなるため、利便性の向上が可能となる。

 「本人認証システム構築サービス」を導入することで、証券/金融業におけるオンライントレーディングサービス提供企業は、サービス利用者のIDパスワードの漏えいを回避し、安全なサービスの提供が可能になる。さらに、オンライントレーディングサービスでも、競合他社とのサービスの差別化を図ることができ、利用者の増加や顧客の抱え込みによるサービスの拡充を図ることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011448


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ