沖電気、Webシステム向け障害解析ソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


沖電気、Webシステム向け障害解析ソリューションを出荷


掲載日:2005/07/27


News

 沖電気工業株式会社は、J2EEに準拠したWebアプリケーションサーバー「BEA WebLogic Server」をベースとしたミッションクリティカルなWebシステムの障害解析ソリューション「McSAX」を、8月29日より出荷する。価格は、初期費用が525万円から(税込)となっている。

 「McSAX」は、同社のノウハウを凝縮したプロフェッショナルツール「McSAX-GT」、プロフェッショナルサービス、日本ヒューレット・パッカード株式会社の「HP OpenView Transaction Analyzer」(OVTA)および「BEA WebLogic Server」の4つの製品から構成される。

 「McSAX-GT」は、「BEA WebLogic」専用の情報収集ツール。専門の知識が無くてもコマンドを1つ入力するだけで情報を取得することができる。また、「BEA WebLogic Server」に関連した高精度の情報収集に加え、「OVTA」を利用して「BEA WebLogic Server」における問題点の調査ならびにWebシステムの他の構成要素であるWebサーバー、データベースサーバーのボトルネックなどの情報収集も同時に行なう。さらに、収集した情報を迅速に解析することが可能なプロフェッショナルサービスも提供される。


出荷日・発売日 2005年8月29日 出荷
価格 初期費用:5,250,000円〜(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011403


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ