DAL、JavaベースのB2B製品などが日本オラクルのクラスタに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DAL、JavaベースのB2B製品などが日本オラクルのクラスタに対応


掲載日:2005/07/27


News

 株式会社データ・アプリケーション(DAL)は、JavaベースのB2B用パッケージソフトウエア「ACMS B2B」とEAI用「ACMS EAI」を、日本オラクル株式会社の新世代クラスタリングシステム「Oracle Real Application Clusters 10g」(RAC)に対応させ、発売した。

 今回、「RAC」に対応した「ACMS B2B」と「ACMS EAI」は、DALが自社開発/提供したシステム統合ソフトウエアスイート「ACMS」シリーズのメイン製品。企業間データ交換システムの構築に必要な標準プロトコル、データ変換機能やトランザクション管理機能などを提供するほか、企業内のシステム連携でも各種のアダプタにより、ERPやレガシーシステムなどとの連携を容易にするソフトウエアとなっている。

 「RAC」は、高可用性とリニアなスケーラビリティを両立させたクラスタリングテクノロジ。従来のクラスタシステムでは、障害時はDBシステムの再起動が必要であったが、「RAC」では、冗長化した両方のDBシステムが常に同期しながら稼働しているため、低コストで高パフォーマンスの無停止型システムの構築を実現することができる。「ACMS」が「RAC」に対応したことで、障害が発生した場合でも人的な介入による「ACMS」の再起動が不要となり、短時間でフェイルオーバーが可能となる。また、「RAC」の負荷分散によるスケーラビリティに同調することもできる。

 「RAC」には、「Oracle Real Application Clusters 10g for Standard Edition」(SE RAC)と「Enterprise Edition」(EE RAC)があり、「ACMS」では両方に対応しているため、大規模から中小規模に至るまでのさまざまなビジネスにおいて、高可用性構成を低コストで実現することができる。今回DALでは、「ACMS」が「RAC」に対応したことで、電子部品/流通業界を中心としたミッションクリティカルなユーザー向けに「ACMS」の販売を強化し、オラクルとクラスタテクノロジ対応のB2B/EAIシステムの普及促進のために共同プロモーションも展開してく計画。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011402


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ