セキュアード、出先からサイボウズにアクセスする認証製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアード、出先からサイボウズにアクセスする認証製品を発売


掲載日:2005/07/27


News

 株式会社セキュアード・コミュニケーションズは、同社のワンタイムID双方向認証技術“SKIP9”を用いて、外出先から「サイボウズOffice6」にアクセスすることができる「SKIP9forサイボウズ」を、7月29日より発売する。

 「SKIP9forサイボウズ」は、USBをPCに挿入するだけで「サイボウズOffice6」にログインすることが可能なほか、ワンタイムID双方向認証技術“SKIP9”によりネットワーク越しの認証セキュリティの向上を実現することができる認証セキュリティ製品。利便性向上とセキュリティ強化の双方を両立できる“SKIP9”の認証技術により、「サイボウズOffice6」を使用する際に本人認証を強化することが可能となる。

 また、ワンタイムID生成のアプリケーションと“SKIP9”の認証鍵が、USBメモリーの中に格納されている。PIN番号入力によりUSBの中の認証鍵が活性化され、ワンタイムIDの生成がスタンバイされる。ネットワークへの接続が始まると、ワンタイムIDがクライアントからサーバーへ渡される。サーバー側の受け取ったワンタイムIDが正しい場合は、同様にワンタイムIDを生成しクライアントに渡すことで双方向認証を確立することができる。以降の通信では、常にこの双方向認証が行なわれ、クロスサイトスクリプトなどサーバーのなりすましによる不正行為を退けることが可能となる。

 同製品により、「サイボウズ」ログイン時のID/パスワードの入力が不要となり、物理的なキー管理によりセキュリティが確保される。さらに、認証キーとアプリケーションがUSB内に格納されているため、使用するPCを限定しないほか、暗号方式として“Camellia”と“AES”を選択することができる。USBキーの暗証番号機能により、暗証番号を知らないと利用不可能なため、盗難/紛失に対応可能となっている。


出荷日・発売日 2005年7月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 NeoFace Monitor 【NEC】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 AXIOLE 【ネットスプリング】 指ハイブリッド認証 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011397


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ