日商エレ、Windows対応イメージソフトの日本語版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、Windows対応イメージソフトの日本語版を発売


掲載日:2005/07/26


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、米Global360,Inc.と代理店契約を締結し、Windows対応イメージソフト「Imaging for Windows」日本語版「Version2.8」を、7月より発売する。価格は、1ユーザーライセンス(メディア有)で4万6500円となっている。

 「Imaging for Windows」は、1996年にWang Laboratoriesによって開発され、イメージデータの表示/編集/アノテーション機能を実行するイメージ管理ソフトウエアで、従来Windows 95/98/Me/NT/2000に標準でインストールされていた。現在では、Global360がライセンス権とパテント技術を所有し、Windows XP対応版から独立パッケージソフトとして全世界で販売されており、今回日商エレクトロニクスが国内向けに販売を開始する。

 同製品は、スキャナから入力されたイメージやファックスデータを閲覧/エンハンス処理し、OCR処理を行ない、アノテート処理を可能にする。Windowsバンドル版には無かったフローソフトを利用することで、デスクトップやワークグループ単位での一連のプロセス(スキャン、エンハンス、OCR、ファイル削除、メール添付送付、ファイルフォルダへの保存など)を自動化することができる。これにより、従来人手のかかっていた作業を、エンドユーザーレベルで自動化することが可能となる。

 また、Out-of-box製品のため、インストール後すぐに使用することができるほか、「Active X Control」を利用することで、既存または新規に開発する業務系アプリケーションのイメージ機能の部分に組み込み、利用することが可能となる。特に、従来のWindows 95/98/Me/NT/2000バンドル版の「Imaging for Windows」を利用し、イメージ業務アプリケーションを構築した場合、Windows XPへのOSプラットフォームをバージョンアップする際に、XP版の「Imaging for Windows」をフルに活用することができる。なお、「Active X Control」に含まれる機能は、イメージ管理コントロール、イメージ編集コントロール、イメージアノテーションツールボタンコントロール、イメージスキャンコントロール、イメージOCRコントロールとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ユーザーライセンス(メディア有):46,500円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011381


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ