日本BEA、基幹向け分散トランザクション処理ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本BEA、基幹向け分散トランザクション処理ソフトの新版を発売


掲載日:2005/07/26


News

 日本BEAシステムズ株式会社は、Non-Java環境からSOAへの橋渡しが可能な企業基幹システム向け分散トランザクション処理ソフトウエアの新バージョン「BEA Tuxedo 9.0J」を、発売した。

 「BEA Tuxedo」は、C/C#/COBOL/C++/CORBA C++などの言語で開発されたアプリケーションを、異種混在の分散コンピューティング環境で稼働させる際のトランザクション処理を提供するTPM(トランザクション処理モニター)製品。人事部や経理部の基幹業務システム、金融機関での電信送金、ATM、航空会社での予約/発券、通信会社の通信料の計算/通知システムなど、停止が許されないシステムで使用されている。

 今回の新バージョンでは、既存アプリケーションやSOAベースの中核アプリケーションのQoS(サービス品質)を向上できるほか、PKIやデジタル署名、他社セキュリティ製品などに対応し、トランザクション処理中のデータへの不正アクセスなどを防ぐことができる。また、BEAのJ2EEアプリケーションサーバー「WebLogic Server」と組み合わせることで、WebアプリケーションとNon-Javaの企業アプリケーションを連携したインフラストラクチャを提供するほか、「BEA Tuxedo」上のエンタープライズアプリケーションを「BEA AquaLogic」のサービスインフラストラクチャ層に接続することで、システム全体でのSOAの実現が可能となる。


出荷日・発売日 2005年7月19日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011374


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ