バッファロー、指紋認証付USBメモリーの512MB/1GBタイプを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、指紋認証付USBメモリーの512MB/1GBタイプを出荷


掲載日:2005/07/25


News

 株式会社バッファローは、USB 2.0対応フラッシュメモリーの指紋認証モデル「ClipDrive Finger!」に、512MBタイプの「RUF2-F512-W」と1GBタイプの「RUF2-F1G-W」を追加し、7月下旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「ClipDrive Finger!」の「RUF2-F」シリーズは、個人情報保護に適した指紋認証機能を搭載したUSBフラッシュメモリー。本体内蔵の半導体センサーを使用したバイオメトリクス指紋認証をパスしないとデータの読み書きが不可能なため、データの盗難/改変を防ぐことができる。半導体センサーでは、他人受理率0.0001%、本人拒否率0.1%という高い認証精度を実現している。指紋を登録する際には、端点や分岐点などの特徴点のみを抽出して記憶する“特徴点抽出方式”を採用し、指紋画像を保存しないため、プライバシーの保護も可能となっている。

 指紋は指5本分まで記憶可能で、ケガなどで指紋が使えない時には、パスワードでの認証も可能となっている。また、認証ソフトはメモリー内にインストールされており、外出先のPCなどでもすぐ認証を行なうことができるほか、専用スクリーンセーバーを実行し画面の覗き見を防ぐ「スクリーンロック」など、指紋認証を併用したユーティリティソフトも添付されている。導入には、ドライバのインストールは不要なほか、USBマスストレージ対応で、USBポートのあるPCに挿し込むだけで利用することができる。

 なお同社は、PCのUSBポートに直接装着するだけで、記憶メディアとしてすぐに利用可能な小型/軽量USBフラッシュメモリー「ClipDrive」シリーズのスタンダードモデルに、ブラックカラーの512MBタイプ「RUF-C512ML-K/U2」を追加し、7月下旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。同製品は、キーケースにも納まる小型/軽量のクリップサイズの本体を採用している。暗号化ソフトウエア「Secure Lock Ware」に対応し、USBフラッシュに保存したデータをAES 128ビット方式による暗号化で保護することにより、紛失/盗難時の情報漏洩を防ぐことができる。


出荷日・発売日 2005年7月下旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011366


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ