日立とオラクル、大規模位置情報管理システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立とオラクル、大規模位置情報管理システムを提供


掲載日:2005/07/25


News

 株式会社日立製作所と日本オラクル株式会社は、日立の位置検知システム「日立AirLocation」とオラクルの位置情報管理フレームワーク「RTLSフレームワーク」を組み合わせた大規模位置情報管理システムを、9月より提供する。

 「日立AirLocation」は、屋内や電波が届かない密閉空間で、無線LANの通信インフラを活用した位置検知が可能なシステム。PDAや無線IP電話などさまざまな無線LAN端末をそのまま利用することができる。「RTLSフレームワーク」は、「Oracle Database 10g」と「Oracle Application Server 10g」の機能を活用し、位置検知データの取得や、履歴情報の格納、空間検索のための位置データ変換、空間検索API、Web UIでの位置/情報表示機能を提供する。これにより、オラクルがさまざまな業種で構築している大規模業務データを位置情報と連携させることができる。また、「Oracle Database」のクラスタリング機能「Oracle Real Application Clusters 10g」により、24時間365日無停止システムを構築することができる。

 今回の「日立AirLocation」と「RTLSフレームワーク」の連携では、「日立AirLocation」が「Oracle Database 10g」に対応し、「RTLSフレームワーク」が利用可能な位置検知システムとして「日立AirLocation」に対応する。これにより、位置情報データの管理/加工編集/検索/表示が可能となるほか、広大なエリアで基地局数や位置検知端末数の多い大規模システムを収容でき、システム全体の信頼性/堅牢性の向上も可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011363


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ