日立、SXGA+パネルを搭載し100万円を切るプロジェクタ等を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、SXGA+パネルを搭載し100万円を切るプロジェクタ等を発売


掲載日:2005/07/21


News

 株式会社日立製作所は、SXGA+パネルを搭載した高解像度液晶プロジェクタ「CP-SX1350J」と、XGAパネルを搭載した「CP-X440J」と「CP-RX60J」の3機種を、7月下旬より順次発売する。価格は、「CP-SX1350J」が99万7500円、「CP-X440J」が39万9000円、「CP-RX60J」が16万9050円(全て税込)となっている。

 「CP-SX1350J」は、SXGA+(147万画素)表示機能を搭載のPCに対応したプロジェクタ。SXGA+は、XGA(約79万画素)と比較して画素数が約1.9倍となっている。会議室に加え、ホールや講堂など広い空間での使用が可能で、0.99インチSXGA+(1400×1050)の高開口率透過型液晶パネルを採用し、310Wランプの採用と光学レンズにより、輝度3500ルーメンを実現している。また、電動垂直レンズシフト機構を搭載し、画質を劣化させずに画面位置を調整でき、有線LANによる液晶プロジェクタのコントロールが可能となっている。オプションレンズは4種類準備され、100インチ表示であれば最短1.6m、最長14.8mまで投写距離を選択することができる。

 「CP-X440J」は、0.7インチXGAパネルを採用し、輝度2500ルーメンを実現しているほか、重さ3.5kgというコンパクトな本体となっている。「CP-RX60J」は、0.6インチXGAパネルを採用し、輝度1500ルーメン/重さ2.2kgを実現している。これまでSVGA機中心であった10万円台前半の価格帯でも購入可能なXGA入門機となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「CP-SX1350J」:997,500円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011332


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ