レノボ、指紋認証がBIOSパスワードに対応したデスクトップを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、指紋認証がBIOSパスワードに対応したデスクトップを出荷


掲載日:2005/07/21


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、デスクトップPCの新機種「ThinkCentre M51 Ultra Small」30モデルを、7月20日より順次出荷する。ダイレクト価格は、11万8650円(税込)からとなっている。なお、今回出荷される新製品より、シリーズ名称を「ThinkCentre S」シリーズから「M」シリーズに変更する。

 「ThinkCentre M51 Ultra Small」は、優れた省スペース性と操作性を両立した設置スタイルを実現し、高いパフォーマンス/高い拡張性などを備えたデスクトップPC。内部データの流出や不正アクセスからPCを保護するセキュリティチップを標準搭載し、“BIOSパスワード”機能も実装している。指紋センサー搭載キーボード採用モデルでは、新たに“BIOSパスワード”機能に対応することで、“BIOSパスワード”からWindowsのログオンやスクリーンセーバーの解除といった複数の認証作業を、パスワード入力による認証から指紋認証に置き換えることが可能で、セキュリティ機能を容易に利用することができる。本体とハードディスクの盗難を同時に防ぐ“セキュリティー・ロック”やBIOSの設定によりUSBインターフェースを使用不可にする機能など、ハードウエアによるセキュリティ対策も施されている。

 また、CPUに“HTテクノロジ”対応Pentium 4プロセッサ541(3.20GHz)または“HTテクノロジ”対応Pentium 4プロセッサ531(3GHz)を採用し、「915GV Express」チップセット、DDR2メモリーを搭載するなど、基本性能を向上している。発熱量の多いコンポーネントを直線的に配置し、本体前面から外気を吸気して背面から排気するという、効率的な熱対策と静粛性を実現している。さらに、ボタンを押すだけの操作で、設定を含むイメージ全体を直前の状態に復元できるバックアップ/復旧ソフトウエア「ThinkVantage Rescue&Recovery」を初期導入している。ドライバーなど工具を使わずに、ドライブやメモリーなどの主要コンポーネントの脱着が可能な“ツールレス・デザイン”も採用している。

 なお同社は、1280×1024ドット(SXGA)表示に対応した17インチ液晶ディスプレイ「ThinkVision L171p」も、8月3日より出荷する。同製品は、700:1の高コントラストと8msの表示応答速度、アナログ/デジタル双方の入力に対応したハイブリッドインターフェースに加え、画像を90度回転可能な“ピボット機能”などを備えている。ダイレクト価格は、4万4100円(税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 ダイレクト価格:118,650円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011322


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ