ユニアデックス、「自己防衛型検疫ソリューション」を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニアデックス、「自己防衛型検疫ソリューション」を出荷


掲載日:2005/07/21


News

 ユニアデックス株式会社は、企業内ネットワークから不正PCなどを強制的に排除できる「自己防衛型検疫ソリューション」を、8月より順次出荷する。

 「自己防衛型検疫ソリューション」は、同社の検疫サーバーと、アルバワイヤレスネットワークス製のスイッチを連携させたソリューション。外部からの持ち込みPCや、企業が定めたセキュリティポリシーに違反しているPCをネットワークから隔離し、隔離ネットワーク内で脆弱性対策やウイルス/ワーム感染対策(パッチ適用など)を行なう。また、侵入検知ツールやアンチウイルス製品などのセキュリティ対策ツールと連携し、ネットワーク上に不正に設置された無線アクセスポイントや、ウイルス/ワームなどを常時監視し、発見時に直ちに遮断/排除する。

 さらに、有線LAN/無線LAN/インターネットVPNを問わず、認証基盤と認証後のアクセスコントロールを一元的に管理/制御する機能を搭載している。同機能は、アクセスポイントやPCを1つのスイッチ下で管理する“第3世代無線LANアーキテクチャー”の考え方を有線LANにも適用することで実現し、有線LAN/無線LAN間のセキュリティ強度の格差を縮めることができる。

 ユニアデックス製のIT資産管理システム「ADMi-21」との連携による“IT資産管理機能”も備え、ネットワーク上のPCの品番/リース期間/アプリケーション搭載状況などを管理できるほか、各PCの検疫履歴や管理者を把握することも可能となっている。ヘルプデスク担当者が迅速にトラブルに対応できる“ヘルプデスク機能”も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は 【クロス・ヘッド】 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク 【日本ラドウェア+他】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】 標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に 【クロス・ヘッド】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
ファイルの重要度を制御「ネットワークDLP」 強固なデータ漏えい対策を実現 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク 運用負荷がかかりすぎる標的型攻撃に住友重工はどう挑んだか? 標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011315


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ